QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はちょっと初めての試みに挑戦してみたいと思います。

まずは「洋裁のコツ」の一つとして、「型紙の引き方」を書いてみます。
といっても、一から引くことは素人ではとてもじゃないけど無理です。

趣味でハンドメイドをされている方の多くは、市販のソーイングブックなどに入っている付録の実物大型紙を写し取って使用されていると思います。
でも、付録の型紙には縫い代がついていないものがほとんどです。

昔々、私がやっていた勘違いなんですが・・・
katagami-4.jpg
今思えば、二度手間なことをやっていましたo(- -;)ゞ
これでも最終はきちんと服になるからいいんだけどね。。。

型紙は、写し取った後縫い代をつけて切り取ってください。
(縫い代の大きさは市販本の作り方あたりに載っているはずです。)
そうすると、わざわざ布に線を描かなくてもそのまま裁断することが出来ます。

katagami-1.jpg

縫い代の引き方なんですが、「方眼定規」というものを使うと便利です。
ソーイング用のもありますが、100均のでも十分使えます。
出来るだけ長いのがあるといいですね。
katagami-2.jpg

衿ぐりや袖ぐりなどのカーブの縫い代は、ちょっとコツが必要です。
それを今回初めての試みで「動画」でやってみたいと思います。
ちゃんと見られるといいんだけど。。。(* ̄∇ ̄*)

↓カーブ部分の縫い代の引き方
(クリックすると動画保存サイトで再生します。)
動画:縫い代の引き方
こんな感じで細かく定規を動かして、均等な縫い代を引いて下さい。

まだ型紙のコツはいくつかあるんですが、今日はここまで。
次はリクエストのあった「大人用バッククロスのエプロン」をご紹介したいと思っています。
これは「そのまま使えるパターン」ではアップできないので、製図寸法を示しただけのものになります。
ご自分で型紙を作成していただかなくてはいけないのですが、そのときに今日のブログをご参考にしてみて下さい。

今回初めて動画を取り入れてみましたが、いかがでしたでしょうか?
やっぱり手作業の技は、じかに見るのが一番ですよね d(^-^)!


☆応援のほうもよろしくお願いいたします。
ポチポチっとρ(・・。) コレ
→handmade.blogmura
→BLOGRANKING
*ありがとうございました*

スポンサーサイト

テーマ:ソーイング

プロフィール

Senjyu

Author:Senjyu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

ごゆっくりどうぞ

ランキングサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。