QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショップOPENへの応援、本当にありがとうございます。
コメントだけでなく、拍手や応援ポチもとっても勇気をいただきました。
Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks

オープンまでに少しでもハンドメイド作品を・・・と思ったのですが、
先にちょっと別件のものを作ることにします。

その作業のヒトコマですが・・・
「芯貼りのコツ」を書いてみます。

芯を貼ったらパーツが縮んだ!とか、芯の張りでパーツが反り返った!とか、
洗濯したら芯がはがれてきた!ということはありませんか?


とくにウールや冬物の厚みのある生地は、この芯貼りをしっかりしないと
上記のような問題が起こる確率は高いです。

パーツの全面に芯を貼る場合、パターンよりも大きく生地をカットし、
芯を貼ってから裁断するという方法があります。
その方法を図式でご説明したいと思います。

「全面芯のコツ」
sinhari-1.jpg
sinhari-2.jpg
sinhari-3.jpg
sinhari-4.jpg
sinhari-5.jpg
sinhari-6.jpg
sinhari-7.jpg

薄い生地の場合は、ここまで芯をたぶらせる必要はないですが、
それでも芯を伸ばして貼るのはNGです。
芯の張りが強くなると、パーツが反り返ってしまいます。

あと、アイロンを横滑りさせるのもNGです。
シワになって大変困ったことになってしまいます。

芯貼りをすると、アイロンに芯の糊がこびりついてきますよね。
当て布をして貼るのが理想的です。
そんなときのお役立ちはこちらを読んでみて下さい。
「アイロンの当て布は・・・」

ああ~っと!
もうひとつ大事なコツを忘れていました!!

ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!

芯は冷えるとくっつくということです。

アイロンの熱で芯の糊が溶けますよね。
その溶けた糊が生地にくっついて、冷えるときに固まるんです。
仕組みはご理解していると思いますが、「言われてみればそうね。」という感じじゃないですか?

なので!芯貼りをした直後のまだ熱いときに、生地を移動させない。
生地が熱いうちに激しく動かすと糊ははがれてきます。
これも大事なコツですね。

私は芯貼りのあと、ポンポンと生地を叩いて熱を取ります。
十分冷えてから持ち上げると、芯はしっかりと貼り付いてくれてます。


今回の作業で使用したパーツは、来週仕上げてアップします。
なにができるのかはお楽しみ~o(*^▽^*)oエヘヘ!


☆応援のほうもよろしくお願いいたします。
ポチポチっとρ(・・。) コレ
→handmade.blogmura
→BLOGRANKING
*ありがとうございました*
スポンサーサイト

テーマ:ソーイング

プロフィール

Senjyu

Author:Senjyu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

ごゆっくりどうぞ

ランキングサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。