QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コバステッチとは、端っこギリギリにいくステッチのことです。
P10006101.jpg
あまりにギリギリなので、ステッチが布から落ちたり、歪んだりすることがありませんか?

縫製工場では、段付き押さえというコバ専用の押さえがあります。
P10006102.jpg
段のついた方に布端を沿わせて縫います。

でも、この押さえは工業用か職業用ミシンにしか使えませんし、
結構お高いです。(2000円くらい?)
それに、右段、左段の2種類あって、それぞれにコバのミリ数ごとに
押さえの種類があります。

そんなに押さえばかりを買っていられないし、
家庭用ミシンにはこのコバ用の押さえはありません。

そこで、普通押さえでキレイなコバステッチをいく方法を書きます。

職業用ミシンの普通押さえでコバをいくには、布端が押さえから少しはいった位置に
もっていかないといけません。
P10006103.jpg
隠れてしまう位置だから、目安で走ったら歪みます。

そこで、、、

この布端がくる位置に、ビニールテープを細く切って貼ってみました。
P10006104.jpg
このテープを目印に、布端をずらさないよう縫うと、キレイなコバステッチが走れます。


左側にも貼れば、三つ折りなどに便利です。
P10006105.jpg

先日の「縫い目が歪まず真っ直ぐに縫う方法」で書いたように、
針穴は見ずに「生地の端」を注意して見ながら走ってください。
P10006106.jpg

注意点としては、
○ビニールテープを押さえの裏側に折り込みすぎないように。
裏側にまでビニールテープを貼ってしまうと、布が引っかかって進まなくなります。
P10006107.jpg


家庭用ミシンの場合

普通押さえは透明のプラスチック製で、幅広な押さえが多いと思いますので、
油性マジックで印をつけてみました。
P10006108.jpg
P10006109.jpg
この印に沿わせるようにして縫います。


とにかく、布の端がくるところに「目印」があればいいんです。
ちょっとしたことですが、この目印があるのとないのとでは、全然違います。

これは、「プロの技」というよりは、私の個人的なアイディアです^^
縫製工場では、きちんと専用の押さえを揃えています。

個人ではそこまで高価な押さえをたくさん揃えられないので、
苦肉の策で考えました。
試しにやってみてください。


☆ポチっと応援していただけるとうれしいです ρ(・・。) コレ
ついでにお隣もポチ→もひとつお隣も・・・→ありがとうございました!(*^_^*) 
*ありがとうございました*


FC2 Management

テーマ:ソーイング

プロフィール

Senjyu

Author:Senjyu

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ごゆっくりどうぞ

ランキングサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。