QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新です。
また現在事務所では生産途中の裁断パーツで埋め尽くされています。

今は別の工場の縫製職人さんとコラボ生産をしております。
私が脇をはいだらその人が裾の平二本(カバーステッチ)をし、
私が袖を丸めたらその人に袖口をメローをしてもらう、
という交互の作業で2商品を同時進行しています。
ひと作業が終わるたびにうちのパートナーはそれを持って走ります。
(片道20分なんですけどね)

なぜこんな面倒なことをやってるかというと、各作業場にあるミシンが違うからです。
それに、1商品240枚という久しぶりの大ロットだから出来ることです。
(240枚のブラウスの袖は左右で480枚。それをはぐだけでもう3時間はかかります。)

大きな縫製工場ではこんな風にパーツを班で分けて作業するんです。

しばらくはまたこうして生産の仕事にかかっていますので、
ハンドメイドやパターン作りはおあずけです(^_^;)


文化服装学院通信教育講座の教材では、4分の1の定規が入っていました。
大きな実物大サイズで練習するには大がかりすぎるからでしょうか。

こんな可愛い原型も入っていました♪

2305151.jpg

この4分の1の定規でパンツのパターンを練習しています。

2305152.jpg

ベルボトムパンツを引いてみましたが、これを見る限りやっぱり太ももが太いように思います。


どうせ実物大のパターンを引いてもトワルは組めないので、
この間にパターンの練習をたっぷりしてみたいと思います。

ブログで紹介しているハンドメイドレシピのパターンは、イラストレーターで作っています。
今まで小物はたくさん引いてきましたが、洋服はこれでしたことがありません。

そこで、挑戦してみました

2305153.jpg

案外できるもんですね♪

線を引くサイズが計算上、*.**cmと1mm以下になることもあるんですが、
定規で引くにはやっかいなこんな数字も、イラストレーターなら打ち込むだけでOK(*^_^*)


本来、アパレル業界でパターンを引くのは「CAD(キャド)」というソフトです。
このアパレルCADは目が飛び出るほどの金額らしいです。

探してみるとフリーソフトのCADがありました。
「AR_CAD」(http://www.ar-cad.net/)

早速ダウンロードしてみましたが、全く使い方がわかりません(T_T)

とりあえず、慣れているイラストレーターで書けることろまで書き、
イラストレーターでは出来ない「カーブの線の長さを測る」というのはこのCADでやっています。

2305154.jpg


うちにあるコピー機はA3までの大きさでしか出来ないので、これで引いたパターンは分割して貼り合わせることになります。
この原型なら4枚くらいかなぁ。
貼り合わせたパターンって厚みも増すしあんまり好きじゃないんだけど。。。

やっぱりパソコンでの作業の方が補正もサイズ変更も楽だし、コピーも一発で出来る♪
正確なパターンになっていればいいな(*^_^*)

☆ポチっと応援していただけるとうれしいです ρ(・・。) コレ
ついでにお隣もポチ→もひとつお隣も・・・→ありがとうございました!(*^_^*)
「Ctrl」キーを押しながら順番にゆっくりクリックすると、
ページが移動せずに便利ですよ♪


Senjyuショップ
Senjyu shop


スポンサーサイト

テーマ:ソーイング

プロフィール

Senjyu

Author:Senjyu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ごゆっくりどうぞ

ランキングサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。