QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さあ次は袖にいきます。

袖山にはギャザーが入ります

パターンのギャザー部分に切り込みを入れ、それを目安に合計10cmに縮めます。

2308171.jpg

ギャザーは「ギャザー押さえ」というアタッチメントを使います。
詳しくはこちら→「おすすめ!ギャザー押さえ」



次に、袖口にも裾と同じくリックラック(山道テープ)を縫いつけます

2308172.jpg

この袖口は、まだ三つ折りしません
アイロンで形だけ整えておきます。


いったん袖口は広げて、袖底を縫い合わせます

2308173.jpg


袖が丸くなったあとに袖口の三つ折りをします

2308174.jpg



これで袖が完成です。

2308175.jpg



身頃に袖を縫いつけます

身頃の脇と、袖底をしっかり合わせてセットします。

2308176.jpg


あとは、裁断のときに入れた「合い印」を合わせながら
縫い合わせていきます。

2308177.jpg


こうして袖を丸くしてから縫い合わせることを「丸付け」といいます。

2308178.jpg



さあ!袖も付きました!!!

この写真を見てもらいたいのですが、左右の袖山に違いがあるのがわかりますか?

2308179.jpg

???わかるかなぁ?




右袖のほうは、縫い代を身頃側に倒しているんです。
逆に、左袖のほうは縫い代を袖側に倒しています。


2308181.jpg

袖山の形が少し違いますよね。

こうして縫い代の倒し方向を変えることでも、デザインに変化が生まれます。


この水玉シャツは、ギャザーの袖山が少し盛り上がったほうが可愛いと思うので、
左袖のように縫い代は袖側に倒すことにします。


ということは・・・?

ロックミシンは、身頃を上にしてかけるんですよね^^
詳しくはこちらですよ~→「ロックの縫い方向」

2308182.jpg


もうすぐ♪もうすぐ♪

☆ポチっと応援していただけるとうれしいです ρ(・・。) コレ
ついでにお隣もポチ→もひとつお隣も・・・→ありがとうございました!(*^_^*)
「Ctrl」キーを押しながら順番にゆっくりクリックすると、
ページが移動せずに便利ですよ♪


Senjyuショップ
Senjyu shop
スポンサーサイト

テーマ:ソーイング

プロフィール

Senjyu

Author:Senjyu

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

ごゆっくりどうぞ

ランキングサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。