QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日で仕事が一段落したので、今日はちょっと気になっていたことをしてみました。

この写真をごらんください。

2405111.jpg


うちのミシンたちは、本縫いミシンが7~8年ってところでかなり新しいものです。
(工業用は10年未満なら『新しい』と表現します(笑))

その他はもう2~30年レベルの時代物です。
それでも十分活躍してくれるので、日本の技術はすごいです。

ただ、やはりお手入れは重要です。
ミシン屋さんは、ミシンの中身はしっかり見てくれます。

でも・・・

こういう糸かけみたいな付属品に関してはあまり関心持ってくれません。
「いけるいける!糸が通ったらええねん!」と。

あまりにサビが酷いので、時間が出来たらなんとかしたかったんです。

ネットで、「サビ落としの方法」を色々調べてみました。

すると、

木工用ボンドを塗りつけて、乾いたらはがす

というのを見つけました。


ダメもとで試してみると・・・






2405112.jpg



嘘のようです。


マジですか!?



2405113.jpg


こんなにキレイになりましたよ!!!


ボンドはちょっと厚めに塗った方がいいです。
ペリペリとおもしろいようにはがれます。

はがしにくい部分は、
平たい鉄状のもの(マイナスドライバーとか)でカリカリとこすりました。


キレイなミシンだとやる気も沸いてくる♪



あとね、こういうのもあるんですよ。



2405114.jpg


ガムテープやセロテープのはがした跡。


縫製工場って、その名の通り「工場」ということで
仕事場なんですよね。

色んな人が働いてるし、そこにあるミシンはただの機械。

荷物のガムテープをはがして、ゴミ箱がないとペタっとテーブルにつける。
付属なんかを忘れないように机に直接セロテープで貼り、不要になったら荒くはがす。

そんなこんなであっちこっちにこういうテープやシールのはがし跡が。


私、こんなの大嫌いなんです。


ただの機械とはいえ、これで飯食ってるならもっと大事に使おうよ。



忙しいのはわかる。
一分一秒でも早く作業を進めないと、納期に間に合わない。

でも、こういうところを雑にしてしまう工場では、
できあがった商品もそれなりだったりするんですよ。

良い縫製工場では使ってるミシンもキレイです。

古さはあっても、丁寧に使ってるかどうかはわかります。


このミシンたちがどこまでキレイによみがえるかわかりませんが、
うちに来たからには愛情持ってお世話するからね!

このテープのはがし跡も、次時間が出来たら除光液使って落としてあげるからね♪


丁寧なものつくりは、道具の扱いも丁寧であるべき!

ですよね(*^_^*)


☆ポチっと応援していただけるとうれしいです ρ(・・。) コレ
ついでにお隣もポチ→もひとつお隣も・・・→ありがとうございました!(*^_^*)
「Ctrl」キーを押しながら順番にゆっくりクリックすると、
ページが移動せずに便利ですよ♪



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの

プロフィール

Senjyu

Author:Senjyu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ごゆっくりどうぞ

ランキングサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。