QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のコツは「パイピング」です。

バイアステープで縫い代や生地端をくるむ方法なんですが、
これもかなり洋裁本にはおおまかにしか書いてありません。
いえ、詳しく書いてある(つもり)のもあるんですが、やはり初心者向けなのが多いせいか
「待ち針を細かく留める」だの「しつけをする」という手間をかけることばかりです(>_<)

カーブにいたっては、「伸ばして縫う」とか「イセて縫う」としか書いてありません。
具体的に「どうやって伸ばすのか」「どうやってイセるのか」は自分で解明しなくてはいけません。
慣れていけば自然と身についていきますが、ここで私なりの「具体的な」方法をご披露したいと思います。

また画像がたくさんありますので、2回にわけて書いていきますね。
まずは「パイピングの種類と方法」から。

paipin-1.jpg
paipin-2.jpg
paipin-3.jpg
paipin-4.jpg

私はほとんど「コバステッチのみ(はさみ込み)」の方法でやっています。
説明にも書いてあるとおり、一度の縫いですみますし、仕上がりがキレイです。
「地縫い+コバステッチ」だと、折る量が少ないと地縫いのステッチが見えるし、多いと裏側のステッチが落ちてしまいます。
表も裏もキレイにステッチがかかるのは、やっぱり「はさみ込み」です。
裏側が見えないのとはさみ込む生地もズレないようにしないといけないので、
ちょっと練習が必要かもしれませんが、慣れると指の感覚でわかるようになります。

それから・・・
バイアステープと生地を縫い合わせる(地縫いする)ときには、あまり待ち針を使わないほうがいいと個人的には思います。
ご存じの通り、バイアステープは斜めにカットされているので伸び縮みしやすいです。
縫い進んでいくにつれ、どんなに気をつけていてもミシンに押されて少しずつバイアステープのほうが伸びていきます。
zure.jpg
その伸びズレを待ち針で留めてしまうのは、シワやヨレの原因になります。
大きく伸びてしまうのはマズイですが、少々のズレならバイアスの伸び縮みで順応してくれますので、
待ち針では留めずに自然に生地に沿わせて縫い合わせてみてください。

ちなみに、こんなアタッチメント(ミシンの押さえ)もあるんです。
paipin-9.jpg
縫製工場ではこれを使ってパイピングをします。
コツはありますが、これでパイピングすると早いですよ~(^o^)

次は「カーブのパイピング」でのコツを書きます。
(^-^)/

☆おかげさまで、ブログ村でのランキングが4位となりました!!
やっぱりランキングが上がると励みになりますね(*^_^*)
感謝いたします♪
1位になったらなにかお礼イベントしなきゃね(笑)

それは楽しみ!というかたは、こちらをポチポチっとお願いします。
→handmade.blogmura
→BLOGRANKING
*ありがとうございました*
スポンサーサイト

テーマ:ソーイング

プロフィール

Senjyu

Author:Senjyu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ごゆっくりどうぞ

ランキングサイト

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。